076-275-0100
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

なぜ今、太陽光発電なのか─

産業用太陽光発電について

白山湊太陽光発電所の特徴

白山湊太陽光発電所

塩害対策など、地域特性に合わせた様々な工夫

白山市では、太陽光パネルの向きが真南、傾斜角度が30°の時に最も発電量が多くなると言われています。降雪が多い白山市において、常に最適な条件を保つために、設置角度や間隔など、様々な工夫がされています。

概要

所在地 石川県白山市湊町井1番19
敷地面積 20,109.41m2(約6,093坪)
発電出力 1566.72kw
太陽電池モジュール HIT(単結晶)6,528枚
パナソニック(株)製 品名:HIT240A
一枚あたりの出力:240W
一枚あたりの大きさ:幅1,580×奥行812(mm)
年間発電量 約190万kWh/年
Co2削減量 約888t-Co2/年
運転開始 平成27年9月5日
太陽光パネルの傾斜角度30度、架台高さ100㎝
  1. 特徴1
    パネルの傾斜角度 30°

    雪を滑落させ、発電量を確保するため、傾斜角度は30°としました。

  2. 特徴2
    架台の高さ 100cm

    積雪の影響を避けるため、架台の高さは100cmとしました。

太陽光パネルの構造

太陽光パネルは6,528枚、太陽電池の数は470,016個

太陽光発電を行う太陽光パネルは72個の太陽電池でできています。白山湊太陽光発電所では1,566.72kWの発電電力を出すために、6,528枚ものパネルを設置しています。

太陽光パネル1580mm×812m

太陽電池
タテ6列:ヨコ12列
72個

  • 太陽光パネル使用枚数‥6,528枚
  • 太陽光パネル1枚あたりの太陽電池の数‥72個
  • 太陽光パネル1枚あたりの最大出力‥240W
  • 太陽光パネル1枚あたりの電圧(最大出力時)‥43.0V

白山福留太陽光発電所の特徴

白山福留太陽光発電所

省スペースで発電効率が良く、限られた敷地をムダなく活用

白山福留太陽光発電所は、発電量を実感できる展示用として導入いたしました。「見える化」プラスを導入し、実際の数値を見ていただくことで、北陸ならではの地域でも十分な発電量を得られることを実証しています。

概要

所在地 石川県白山市福留町395-1
敷地面積 1,090m2(約330坪)
発電出力 89.5kw
太陽電池モジュール HIT(単結晶)376枚
パナソニック(株)製 品名:HIT238A
一枚あたりの出力:238.1W
一枚あたりの大きさ:幅1,580×奥行812(mm)
年間発電量 約8万kWh/年
Co2削減量 約42t-Co2/年
運転開始 平成26年6月17日
太陽光パネルの傾斜角度25度、架台高さ100㎝
  1. 特徴1
    パネルの傾斜角度 25°

    雪を滑落させ、発電量を確保するため、傾斜角度は25°としました。

  2. 特徴2
    架台の高さ 100cm

    積雪の影響を避けるため、架台の高さは100cmとしました。

太陽光パネルの構造

太陽光パネルは376枚、太陽電池の数は27,072個

太陽光発電を行う太陽光パネルは72個の太陽電池でできています。白山福留太陽光発電所では89.5kWの発電電力を出すために、376枚のパネルを設置しています。

太陽光パネル1580mm×812m

太陽電池
タテ6列:ヨコ12列
72個

  • 太陽光パネル使用枚数‥376枚
  • 太陽光パネル1枚あたりの太陽電池の数‥72個
  • 太陽光パネル1枚あたりの最大出力‥238W
  • 太陽光パネル1枚あたりの電圧(最大出力時)‥43.4V

白山鳥越太陽光発電所の特徴

白山太陽光発電所

降雪対策など、地域特性に合わせた様々な工夫

白山市では、太陽光パネルの向きが真南、傾斜角度が30°の時に最も発電量が多くなると言われています。降雪が多い白山市において、常に最適な条件を保つために、設置角度や間隔など、様々な工夫がされています。

概要

所在地 石川県白山市河合町北67番地
敷地面積 9,220m2(約2,800坪)
発電出力 800kw
太陽電池モジュール HIT(単結晶)3,339枚
パナソニック(株)製 品名:HIT240A
一枚あたりの出力:240W
一枚あたりの大きさ:幅1,580×奥行812(mm)
年間発電量 約79万kWh/年
Co2削減量 約400t-Co2/年
運転開始 平成26年10月11日
太陽光パネルの傾斜角度30度、架台高さ200㎝
  1. 特徴1
    パネルの傾斜角度 30°

    雪を滑落させ、発電量を確保するため、傾斜角度は30°としました。

  2. 特徴2
    架台の高さ 200cm

    積雪の影響を避けるため、架台の高さは200cmとしました。

太陽光パネルの構造

太陽光パネルは3,339枚、太陽電池の数は240,408個

太陽光発電を行う太陽光パネルは72個の太陽電池でできています。白山鳥越太陽光発電所では800kWの発電電力を出すために、3,339枚のパネルを設置しています。

太陽光パネル1580mm×812m

太陽電池
タテ6列:ヨコ12列
72個

  • 太陽光パネル使用枚数‥3,339枚
  • 太陽光パネル1枚あたりの太陽電池の数‥72個
  • 太陽光パネル1枚あたりの最大出力‥240W
  • 太陽光パネル1枚あたりの電圧(最大出力時)‥43.0V